大阪市で絵画を高く売るために

お手元の絵画を売却したいとお考えの方から、「作家名がわからない絵画だけれど売れるのか」、「できるだけ高く買取してほしいけれどどのお店を選んだらいいの」などというお話を伺います。絵画買取に不安があってなかなか買取店を決められず、悩んであきらめてしまう場合もあるようです。大阪市には大阪市立美術館や国立国際美術館などがあり、古典芸術から現代アートまで芸術に親しむ文化が根付いています。ここでは、大阪市内のお客様と取引実績があり、経験豊富な査定士によりトップクラスの買取価格を提示するお店を選びました。信頼できる買取店で絵画の高価買取をご希望なさる方は、ぜひ一読して絵画の高価買取を目指してみてはいかがでしょうか。

大阪市で絵画を買取できる店舗一覧

大阪市内では、駅が最寄りの便利な絵画買取店が多く、高価買取実績のある「なんぼや」であれば大阪市内の浪速区や中央区などに9店舗、「福ちゃん」は4店舗あるため、利用しやすい店舗を選んで買取査定を依頼できます。絵画買取の査定では、保存状態や作家名、人気度、売却時期のトレンドなども取引額に影響しますが、最も大切なポイントは優良な買取店を選ぶことです。ここでは大阪市内の信頼できる絵画買取店を紹介しています。ぜひこの機会に高価買取してくれる買取店を見つけて、大切な絵画の売却を検討されることをおすすめします。

2-1.アンティークてんま屋

アンティークてんま屋の買取実績

品物名:絹谷幸二 人物画
買取ジャンル:洋画
買取金額:75万円
事務局担当者による解説:絹谷幸二は鮮やかな色彩で勢いがある画風で知られており、こちらの作品も鮮やかな色彩の裸婦像です。絹谷幸二の絵画は、数十万円から数百万円で取引される傾向があり、ミクスドメディアと呼ばれる技法の作品は、オークションなどにおいて数百万円で取引されることもあります。富士山に日の出が描かれた構図の絵画の人気が高く、保存状態やサインの有無にもよりますが、高額査定になる可能性があります。


品物名:中川一政 静物画
買取ジャンル:洋画
買取金額:150万円
事務局担当者による解説:美しい色彩で知られる中川一政の絵画や版画は高額で取引される傾向にあり、100万円以上で取引されることも少なくありません。バラやひまわりを好んで描き、650点あまりの絵画を展示している中川一政美術館には国内外からファンが訪れています。こちらの絵画も中川が得意とするバラが描かれており、そのため買取価格もこのように高額になったと思われます。


品物名:ベルナール・ビュフェ 静物画
買取ジャンル:洋画
買取金額:900万円
事務局担当者による解説:具象画で知られるビュフェの静物画です。ビュフェは世界的に著名なフランスの画家で、日本にも名前を冠したベルナール・ビュフェ美術館があるほどの人気です。リトグラフなども数多く出回っており、サインやエディション番号があり、保存状態がよい作品は、こちらの絵画のように高い査定額となる可能性があります。

SATEeee絵画買取事務局から一言!アンティークてんま屋のここがおススメ!大阪市阿倍野区で30年の歴史を持つアンティークてんま屋は、御堂筋線昭和町駅から徒歩10分ほど、あべのハルカスからも近い場所に位置する実績と信頼のある美術品買取店です。専門家による確かな査定で、毎年5万点以上の買取実績を誇っています。数十万円から数百万円もの高額買取の実績もあり、雪舟や俵屋宗達の日本画や、東山魁夷や平山郁夫、片岡珠子といった有名作家によるリトグラフの買取を強化しています。お客様が納得できる結果に自信があり、安心のクーリングオフ制度も導入している「アンティークてんま屋」での買取査定を検討してみてはいかがでしょうか。

2-2.おまかせ屋

おまかせ屋の買取実績

品物名:立川広己『グリーンシャワー』
買取ジャンル:絵画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:現在も活躍している立川広己は、華麗な花を描くことでとくに知られています。国内外の風景画も多く描いており、インパクトのある色彩で躍動感のある絵画は、立川本人が現代のインテリア空間に飾ることを意識して描いているとしています。立川の絵画はデパートなどで数十万から百数十万円で販売されていることからも、買取価格が期待できるでしょう。


品物名:小松正二『椿花』
買取ジャンル:日本画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:こちらは小松正二の白い椿を描いた日本画作品です。小松正二は日展で活躍している画家であり、深い色彩で描いた数々の絵画は市場で評価を得ています。作家の落款やサインなどがあり、保存状態のよい日本画で、さらに額縁や共箱など付属品がそろっていれば、買取査定額がよい結果になる可能性があります。


品物名:吉村明峰『森の泉(ムーランヴェール)』
買取ジャンル:油彩画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:洋画家である吉村明峰の、緑の森の水辺を描いた風景画です。洋画は作家の知名度や保存状態が買取査定に大きく影響します。箱や額縁など付属品がそろっている場合は評価が上がる場合があり、買取金額に影響があるため、査定に出す場合はできるだけそろえることがおすすめです。買取強化されている作家の場合はさらに査定額に期待が持てます。

SATEeee絵画買取事務局から一言!おまかせ屋のここがおススメ!旭区千林の買取専門店おまかせ屋は、京阪本線千林駅や地下鉄谷町線千林大宮駅から徒歩数分の便利な立地にあります。買取品目は多岐にわたりますが、絵画の買取も得意としています。買取手数料なども無料で、店頭以外にもメールや宅配買取を行っています。出張買取も大阪市エリアは対象となっています。時期によっては買取価格アップのキャンペーンをしている場合もあり、お得に買取してもらえる可能性があります。絵画を売却したい場合は、「おまかせ屋」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2-3.福ちゃん 天王寺店

福ちゃん 天王寺店の買取実績

品物名:東山魁夷『緑響く』
買取ジャンル:木版画
買取金額:180万円
事務局担当者による解説:こちらは昭和を代表する日本画家東山魁夷の木版画です。東山魁夷の日本画は数百万円で取引されることも多く、人気の作品や大作であれば数千万円以上の高値がつくことがあります。東山自身が手がけたシルクスクリーンやリトグラフなどの版画も数十万円で取引される傾向があり、こちらの絵画は保存状態も良好だったため高額な査定額になったと思われます。


品物名:チャールズ・リーダー『ビクトリア風景』
買取ジャンル:絵画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:チャールズ・リーダーによる風景画です。希少価値の高い絵画で、絵画に精通した査定士により買取査定されています。骨董品の中でも絵画の査定は難しく、このような買取実績を公表している点で信頼できると考えられます。日本国内であまり知られていない作家の絵画も、買取査定に出して価値を確かめてみることをおすすめします。


品物名:なし
買取ジャンル:なし
買取金額:なし
事務局担当者による解説:なし

SATEeee絵画買取事務局から一言!福ちゃん 天王寺店のここがおススメ!天王寺区悲田院町にある福ちゃん 天王寺店は、JR天王寺駅から徒歩2分で、アクセスが便利です。優秀な査定士により誠実な査定が行われ、トップクラスの買取価格を提示してくれます。豊富な販売ルートを持っていることから買取価格に自信を持っており、時期によっては買取価格アップのキャンペーンをしている場合もあるため、お得に買取してもらえる可能性があります。絵画の売却を希望される方は「福ちゃん 天王寺店」での買取査定を検討してみてはいかがでしょうか。

2-4.アート買取協会

アート買取協会の買取実績

品物名:白髪一雄『燕「中国戦國七強」より』
買取ジャンル:シルクスクリーン
買取金額:10万円
事務局担当者による解説:白髪一雄は現代アートの作家で、作品価値は現在も上昇しているため、高価査定が期待できます。現代アートはさまざまな種類があり、全体的な相場は上昇傾向にあります。そのため現代アートは購入価格よりも高値で売ることができる可能性が高く、ずっと以前に購入したお手元の現代アート絵画にも思わぬ価値があるかもしれません。


品物名:小磯良平『マンドリンと裸婦』
買取ジャンル:油彩画
買取金額:200~300万円
事務局担当者による解説:小磯良平は、昭和初期に活躍した日本を代表する洋画家です。東京国立近代美術館などさまざまな公的機関に作品が収蔵されています。親しみやすい女性像や群像をモチーフに、モダンで気品のある画風で描かれた小磯の絵画は現代でも人気があります。とくに日本人女性がテーマの絵画は高価買取対象となっており、高額な査定額となったと思われます。


品物名:クリスチャン・リース・ラッセン『グローリーオブザシー(S)』
買取ジャンル:ラッセングラフ
買取金額:8万円
事務局担当者による解説:こちらの作品はクリスチャン・リース・ラッセンの海を描いた作品で、ラッセングラフという技法を使った版画です。ラッセンの絵画は、箱やギャランティーカードの付属品も一緒に査定に出すことが高額査定の重要なポイントです。こちらの作品はSサイズと小さいためこのような査定結果となったと思われますが、大きなサイズの絵画であれば買取額が期待できます。

SATEeee絵画買取事務局から一言!アート買取協会のここがおススメ!アート買取協会には、洋画や日本画から現代アートに至るまで、絵画全般に精通した専門家がそろっています。大阪支社は大阪市阿倍野区の帝塚山にあり、阪堺電気軌道や南海電鉄、大阪市バスなど公共交通機関でのアクセスが便利な立地です。メールやLINEでも買取査定を依頼でき、無料で出張買取もしてくれます。信頼できる専門スタッフが誠意ある丁寧な査定を行い、幅広い分野で年間3万点の買取実績があります。絵画の売却を検討されている方は、一度「アート買取協会」を検討してみてはいかがでしょうか。

2-5.なんぼや なんばマルイ店

なんぼや なんばマルイ店の買取実績

品物名:鈴木政輝 海洋画
買取ジャンル:油彩画
買取金額:20万円
事務局担当者による解説:鈴木政輝は、海洋や帆船を描く海洋画の第一人者として知られています。帆に風を受けて海原を進む帆船が描かれたこちらの絵画は海風を感じるほどに迫力があり、保存状態や付属品の状態からこのような買取額になったと思われます。保存状態のよい油彩画は数十万円の取引価格となる場合があるため、査定時の評価が期待できるでしょう。


品物名:加山又造 人物画
買取ジャンル:日本画
買取金額:38万円
事務局担当者による解説:こちらは日本画を代表する作家のひとり、加山又造の人物画です。加山又造の日本画は、数百万円で取引されることも多く、人気の作品や大作では1億円を超える相場となることもあります。リトグラフやメゾチントなどの版画も数十万円以上で取引される傾向にあり、猫や雪山、夜桜、牡丹を描いた作品は人気が高く、査定額が高額になる場合があります。


品物名:片岡球子 風景画
買取ジャンル:日本画
買取金額:70万円
事務局担当者による解説:こちらの作品は富士山や火山をテーマにした絵画を描いた片岡球子の日本画です。面構や富士山などの代表的なシリーズの作品であれば1千万円を超える取引額となる場合もあり、全体的には数百万円での取引が多い傾向にあります。リトグラフなどの版画は数十万円から100万円ほどで取引されています。型破りな構成と独特の色使いの絵画は人気が高くなっています。

SATEeee絵画買取事務局から一言!なんぼや なんばマルイ店のここがおススメ!なんぼや なんばマルイ店は、中央区のなんばマルイの4階にあります。地下鉄御堂筋線や近鉄・阪神線大阪難波駅など、各鉄道のなんば駅からも徒歩圏内で、利用しやすい絵画買取店です。毎月開催されるお得キャンペーンで買取額がアップすることもあるので買取査定に出すときはチェックしてみてください。なんぼや なんばマルイ店には専門のスタッフが在籍しているので安心して買取査定を依頼できます。大阪市で絵画の買取を希望される方は、「なんぼや なんばマルイ店」での査定を検討してみてください。

絵画を高く買い取ってもらうためのポイント!

作成不要

絵画を高く買取する為には一括査定が便利!

作成不要

お宝専門のオンライン高額査定SATEeee(サテイー)の特徴

作成不要

5-1.特徴その1:簡単に一括査定ができる

作成不要

5-2.特徴その2:最も査定金額が高かった業者に買取依頼ができる

作成不要

5-3.その3:買取業者を選べるのであんしん

作成不要

大阪市の絵画買取まとめ

大阪市には、交通の便のよいところに美術品買取店やリサイクルショップがたくさんあります。こちらで紹介した「アート買取協会」は探している絵画や買取強化している絵画の場合は査定額がプラスされ、「なんぼや なんばマルイ店」ではお得なキャンペーンが実施されるなど、買取店ごとに役立つ情報があります。実際に大切な絵画を買取査定に出す際に、納得できる査定額の買取店を見つけることはなかなか難しいのが現状です。そこで、大阪市エリアにお住まいで絵画の売却をお考えの方は、「SATEeee(サテイー)」の一括査定サービスをおすすめします。今回紹介したような優良な買取店が複数登録されており、とても気軽に、まとめて買取査定を依頼することができます。結果を見てどのお店に買取してもらうか決めてください。「SATEeee(サテイー)」の一括査定は、信頼できるお店を選び、納得できる価格で絵画を売却したい方に、ぜひご利用いただきたいサービスです。