福岡市で絵画を高く売るために

絵画の売却をお考えの方から、「高く買取してくれるお店はどこか知りたい」「絵画の作家がわからず真贋不明だが、買取してもらえるのか」といった絵画買取店の選び方や絵画を高く売るコツなどについて相談を受けることがあります。福岡市は古くから大陸に向けた日本の玄関口であり、歴史的な大発見である「漢委奴国王」の金印が見つかったことでも知られており、長い歴史の中で対外交流の拠点として文化的にも発展してきた都市です。近隣からのアクセスも便利で九州の中心的な役割を果たす福岡市には、絵画買取実績が多い買取専門店もあるため、古い絵画でも思わぬ高額で買取してもらえる可能性があるのです。高価買取の実績や、経験豊富な査定士の在籍などが買取店を探す重要なポイントです。信頼できる買取店で絵画の売却を希望する方は、ぜひ一読して優良な買取店を見つけ、絵画の高価買取を目指してみてください。

福岡市で絵画を買取できる店舗一覧

福岡市内には「なんぼや 福岡天神店」や「アート買取協会」といった高価買取の実績が多い買取店があります。絵画の買取査定では、信頼できる買取店を選ぶことが何より重要です。信頼できる買取店に査定を依頼することが、絵画の保存状態や作家の知名度、人気がどのくらいの作品か、流通のトレンドの作品かなどを誠実に査定し、公正で満足できる絵画の買取につながるのです。ここでは経験豊富な専門家が在籍している福岡市内の信頼できる絵画買取店を紹介しております。ぜひこの機会にお手元の絵画の売却を検討されてはいかがでしょうか。

2-1.ミライカ美術

ミライカ美術の買取実績

品物名:奈良美智『in the Cloud』
買取ジャンル:リトグラフ
買取金額:300万円
事務局担当者による解説:ポップアート作家として世界的に高く評価されている奈良美智の絵画はコレクターも多く、さまざまな買取店で買取強化されています。睨みつけるような表情の女の子を描いた作品の人気は高く、数百万円から数億円まで幅広い価格で取引されており、リトグラフなどの版画作品もこちらのように高額な査定となる場合があります。現代アートの相場は上昇傾向にあり、購入価格よりも高値で売ることができる可能性があります。


品物名:長谷川潔『時 静物画』
買取ジャンル:マニエルノワール・手彩
買取金額:330万円
事務局担当者による解説:フランスで活躍した長谷川潔は、メゾチントを復活させてオリジナルの銅版画の様式を確立しました。長谷川の版画はコレクターが世界中に多く存在し、高額で取引されています。国内の美術館にも多く収蔵され、買取相場は数十万円から数百万円で推移しています。こちらの作品も長谷川の真作の版画であるため、高額査定となったようです。


品物名:シャガール『魔笛』
買取ジャンル:リトグラフ
買取金額:250万円
事務局担当者による解説:愛の画家として知られるシャガールの代表作です。オペラのポスター用の作品で告知文字のない希少な版画のため、高額な査定額になったと考えられます。告知文字のある版画は3,000部刷られ、50万円前後で取引されています。シャガールは貴重な油彩画であれば数億円になることもあり、版画は条件や状態によって買取額が大きく異なります。

SATEeee絵画買取事務局から一言!ミライカ美術のここがおススメ!福岡市中央区今泉にある絵画の買取専門店ミライカ美術は、西鉄福岡駅や屋台で有名な天神からもほど近い便利な場所にあります。経験豊富な専門家が最も高く買取するための方法を提案してくれ、お客様の希望に添うことを第一としています。現代アートから日本画や洋画、版画に至るまで、幅広い分野での買取実績に自信があります。国内外に買取した絵画の売却ルートを持っているため高価買取が期待でき、買取強化キャンペーンを実施している時期に査定を依頼すれば、お得に絵画を買取してもらえる可能性があります。絵画の売却を希望される方は「ミライカ美術」をチェックしてみることをおすすめします。

2-2.美術品買取市場

美術品買取市場の買取実績

品物名:千住博
買取ジャンル:日本画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:幻想的な色使いによる風景画で知られる千住博は、現在も世界的に活躍している日本画家です。日本画は数百万で取引されることが多く、代表作の『ウォーターフォール』であれば1,000万円近い取引となる場合もあります。リトグラフやエッチングなどの版画も人気作であれば数十万円の価格になる場合があり、千住博の絵画は査定額が高い傾向にあります。


品物名:アンディ・ウォーホル
買取ジャンル:シルクスクリーン
買取金額:なし
事務局担当者による解説:アンディ・ウォーホルはアメリカの画家であり版画家、ポップアートの芸術家で、マリリン・モンローなどの肖像画で日本国内でもよく知られています。作品の多くが数百万円で買取される傾向にあり、数千万円で取引される絵画もあります。シルクスクリーンは、エディション番号や作家のサインなどが高価査定の重要なポイントです。


品物名:レオナール・フジタ『少女』
買取ジャンル:絵画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:藤田嗣治としても知られるレオナール・フジタは、日本に生まれてフランスで活躍した画家です。猫と女性を数多く描き、中でも独自の技法で描かれた「乳白色の肌」の女性像の絵画は、当時から現在に至るまで高い評価を得ています。リトグラフやエッチングなどの版画は数十万円で取引されており、油彩画は数百万円から数千万円で取引されることがあります。

SATEeee絵画買取事務局から一言!美術品買取市場のここがおススメ!美術品買取市場は、福岡市博多区の博多駅にほど近い場所にある美術品買取店です。同じ場所に自社の美術ギャラリービアンカを運営して絵画を販売しており、さらに国内外のアートディーラーや美術館とのネットワークを持って販売ルートを確立し、専門家による高価買取に自信を持っています。経験豊富な目利きによる査定には定評があり、絵画の買取実績が数多くあります。お客様に満足を提供し、美術品の正しい価値を見出して次世代に受け継ぎたいと考える「美術品買取市場」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2-3.なんぼや 福岡天神店

なんぼや 福岡天神店の買取実績

品物名:小倉遊亀
買取ジャンル:版画
買取金額:5万円
事務局担当者による解説:昭和に活躍した小倉遊亀の作品は、温かみがある澄んだ色彩で、親しみやすい人物画や静物画で知られています。日本画は数百万円で取引されることが多く、木版画やシルクスクリーン、リトグラフなども人気の作品であれば数十万円で取引されています。こちらの作品は小倉遊亀の人気のある径や姉妹ではなく花を描いた版画のため、少し査定額が下がったものと思われます。


品物名:横山大観
買取ジャンル:日本画
買取金額:170万円
事務局担当者による解説:近代美術の巨匠、横山大観は近年にも展覧会が開かれるなど人気が高い日本画家です。画巻『生々流転』が重要文化財に指定されるほどの画家で、線描を抑えた朦朧体という画法を提唱し、自由な画風でさまざまな絵画を描きました。大観の絵画は数十万円から数百万円、数千万円の買取査定となる場合があり、富士山をモチーフにした絵画は人気が高く、高額査定になる傾向があります。


品物名:後藤純男
買取ジャンル:日本画
買取金額:180万円
事務局担当者による解説:こちらは日本画の大家として名高い後藤純男の風景画です。日本画は数百万円で取引される場合が多く、人気作や大作が1億円以上で取引されたこともあります。版画は制作数が多いため日本画より下がりますが、数十万円で取引される傾向があります。雪の風景画や寺院の三重塔などの代表的な構図の絵画は人気のため、高額な査定が期待できます。

SATEeee絵画買取事務局から一言!なんぼや 福岡天神店のここがおススメ!なんぼや 福岡天神店は、西鉄福岡駅や地下鉄天神駅から徒歩すぐで、福岡市内のどこからでもアクセス可能な便利な立地です。広々とした店内は子ども連れも歓迎で、気軽に利用しやすい絵画買取店です。また、お得キャンペーンで買取額がアップすることもあるのでチェックしてみてください。なんぼや 福岡天店には専門家が在籍し、数が多い場合などは出張買取も無料でしてくれます。福岡市で絵画の買取を希望される方は、「なんぼや 福岡天店」での査定がおすすめです。

2-4.日晃堂 大橋店

日晃堂 大橋店の買取実績

品物名:ゲルシャニク『窓辺の花』
買取ジャンル:絵画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:ゲルシャニクによる華やかな花の絵画です。西洋アンティークはコレクターも多く、あまり知られていない作家などの場合は美術品を専門で扱っている買取専門店に査定を依頼して、明確な価値を知った上で売却することをおすすめします。ゲルシャニクの絵画は15万円~20万円程度の査定額となっており、希少な絵画であればもっと高額になる可能性があります。


品物名:平山郁夫『イスタンブール』
買取ジャンル:絵画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:こちらは国内外で著名な日本画家平山郁夫の、イスタンブールの風景を描いたシルクロードの絵画です。平山郁夫の日本画は数百万円から数千万円で取引され、1億円以上の高額となる場合もあり、リトグラフなどの版画作品も数十万円で取引されています。寺院やシルクロードのシリーズ作品は人気が高く、高い査定額が期待できます。


品物名:ラッセン『サイレントイリュージョン(ダイヤ入り)』
買取ジャンル:版画
買取金額:なし
事務局担当者による解説:こちらの作品はクリスチャン・ラッセンの海を描いた版画で、ダイヤが埋め込まれている作品です。ラッセンの絵画は、箱やギャランティーカードの付属品も一緒に査定に出すことが高額査定の重要なポイントです。作品のサイズや保存状態で査定額は変わりますが、こちらの作品のようにダイヤが埋め込まれている絵画は買取額が期待できます。

SATEeee絵画買取事務局から一言!日晃堂 大橋店のここがおススメ!福岡市南区の買取専門店日晃堂 大橋店は、多岐にわたる買取品目の中で、絵画の買取を得意としています。他社で断られた品物も丁寧に査定してくれ、海外への販売ルートを持っていることから高価買取が期待できます。また買取手数料なども無料で、店頭以外にもLINEや宅配、出張買取を行っています。ときには買取価格アップのキャンペーンをしている場合もあり、お得に買取してもらえる可能性があります。絵画を売却したい場合は、「日晃堂 大橋店」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2-5.アート買取協会

アート買取協会の買取実績

品物名:マルク・シャガール『ノートルダムの眺め』
買取ジャンル:リトグラフ
買取金額:360万円
事務局担当者による解説:愛の画家として知られるシャガールのリトグラフです。シャガールの油彩画は貴重で数億円になるほどですが、こちらの作品のように希少な版画であれば数百万円で取引されることもあります。版上サインや数が多いリトグラフやエッチングなどの版画であれば10万円程度で購入できる場合もあり、版画は条件や保存状態によって買取額が大きく異なります。


品物名:絹谷幸二『青陶の華』
買取ジャンル:洋画・ミクストメディア
買取金額:150~200万円
事務局担当者による解説:絹谷幸二の絵画は、鮮やかな色彩の勢いがある画風で知られており、こちらの作品も鮮やかな色彩で描かれたゴージャスな静物画です。絹谷幸二の作品は数十万円から数百万円で取引される傾向があり、このような査定額となっています。とくに富士山に日の出が描かれた構図であれば人気が高く、保存状態やサインの有無にもよりますが、高額査定になる可能性があります。


品物名:斎藤清『会津の冬(50)』
買取ジャンル:木版画
買取金額:42万円
事務局担当者による解説:日本の代表的な版画家である斉藤清が手がけた版画作品は、日本の美しい風景やわかりやすいモチーフが好まれ、数十万円から数百万円で取引されています。TIME誌の表紙に版画が用いられるなど世界的な評価も得ており、会津の冬シリーズの作品はとくに人気があります。エディション番号の有無や制作数、保存状態なども版画の査定額に影響があります。

SATEeee絵画買取事務局から一言!アート買取協会のここがおススメ!アート買取協会には、日本画や洋画から現代アートに至るまで精通した査定のプロがそろっています。九州の玄関口の博多に九州支社はあり、博多駅の最寄りでアクセスしやすい立地です。メールやLINEでも買取査定を依頼でき、無料で出張買取もしてくれます。専門スタッフによる丁寧な査定で満足度が高い査定結果を提示し、幅広い分野で年間3万点の買取実績があります。福岡市内で絵画の売却を検討されている方は、「アート買取協会」に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

絵画を高く買い取ってもらうためのポイント!

作成不要

絵画を高く買取する為には一括査定が便利!

作成不要

お宝専門のオンライン高額査定SATEeee(サテイー)の特徴

作成不要

5-1.特徴その1:簡単に一括査定ができる

作成不要

5-2.特徴その2:最も査定金額が高かった業者に買取依頼ができる

作成不要

5-3.その3:買取業者を選べるのであんしん

作成不要

福岡市の絵画買取まとめ

福岡市には美術品買取店やリサイクルショップがいくつもあります。こちらで紹介した「日晃堂 大橋店」や「なんぼや 福岡天神店」では買取価格のアップキャンペーンが実施されることがあるなど、知っていたらお得になる情報があります。いざ大切な絵画を買取査定に出すときに、納得できる査定額の買取店を見つけることは難しいのが現状です。そこで、福岡市エリアにお住まいで絵画の売却をお考えの方は、こちらで紹介した「SATEeee(サテイー)」の一括査定サービスをおすすめします。今回紹介したような優良な買取店が登録されており、とても簡単に、お気軽に、複数の買取店に買取査定を依頼することができます。結果を見てどのお店に買取してもらうか決めてください。「SATEeee(サテイー)」の一括査定は、より高値で安心して絵画を売却したい方に、自信を持っておすすめするサービスです。